一夜興行の旅の途中

音楽好きな素敵な女の子

今日は二女の高校受験発表の日。
先ほど、家内から電話があり不合格の連絡。

今頃、すこし落ち込んでいるのかなぁ。
先に合格が決まっていた、第二志望校も良い学校だよぉ。

お姉ちゃんよりも頑張り屋だったかも知れないのに残念だったね。
中学時代は、吹奏楽部に在籍しユーフォニュームという大きなラッパのような楽器を担当して、中3の時は部長を務めたよね。
一年生の時に引っ越して、すこしイジメにもあったみたいだけど良く頑張ったね。

成績はいつも学年5番以内で女子ではトップだったのかなァ?

小学校からピアノを習い、○○区の合唱団も続けていたよね。
そして、中2からはバイオリンにもチャレンジしたね。
この頃、お父さんは皆の仲間に入りたくてサックスを始めたけど、直ぐに挫折したね。(苦笑)


土曜日なんか、授業の後、吹奏楽のクラブ。それが終わったら公民館で合唱団の練習。
その後に、バイオリンを習いに行って最後に塾へ。
学校から公民館へ。最後に塾へと結構な距離があるのに、自転車でバイオリン担いで颯爽と走っていたよね。
まるで、映画のワンシーンだ。

本当に音楽が好きなんだ。

お父さんは、今日の不合格よりも、君が、泣いたり笑ったりした3年間に。
充実した中学時代をすごせた事に合格を発表するね。

それも120%の合格を。

君も、お父さんの子どもでいてくれてありがとう。



この映像は、小学6年の頃だと思う。
合唱団で先輩団員の後でオープニングの解説を朗読。


そう、マイクを持った素敵な女の子です。
[PR]
by udauda-1 | 2007-03-23 17:38
<< 下町のピアノ発表会 いつまでも輝いている君へ >>